H25年 芦北地域産地情報

産地情報 (10月1週)

JA名:JA あしきた(投稿:251001)

報告者名:桑村 安則

1.JA管内の稲の育成状況等

田植え段階において、一部で水不足が懸念されたが順調に作業は進行された。  山間地においていもち病の発生がみられたものの、7月初旬より梅雨明けとなり、  分けつ数も順調に確保されました。  7月上旬より例年に対し高温(1度以上)となり、出穂期は2日~3日程度早くなりました。 (例年8月22日)8月中旬以降は、稲の害虫である秋ウンカの発生が多く見られ、防除の回数  も2回程度多くなっています。 10月上旬頃収穫最盛期を迎えます。

2.定点圃場

項目 内容
作付地域 葦北郡芦北町大野
作付品種 ヒノヒカリ
調査日 9月25日
現在の生育ステージ 登熟期~成熟期。
水稲の生育状況等

山間部を中心に秋ウンカの被害発生有り。

今後の作業等 10月上旬刈り取り予定。


産地情報 (9月1週)

JA名:JA あしきた(投稿:250910)

報告者名:桑村 安則

1.JA管内の稲の育成状況等

田植え段階において、一部で水不足が懸念されたが順調に作業は進行された。 山間地においていもち病の発生がみられたものの、7月初旬より梅雨明けとなり、  分けつ数も順調に確保されました。  7月上旬より例年に対し高温(1度以上)となり、出穂期は2日~3日程度早くなりました。(例年8月22日)  8月中旬以降は、稲の害虫である秋ウンカの発生が多く見られ、防除の回数も2回程度多くなっています。

2.定点圃場

項目 内容
作付地域 葦北郡芦北町佐敷
作付品種 ヒノヒカリ
調査日 9月5日
現在の生育ステージ 乳熟期~糊熟期。
水稲の生育状況等

順調。

今後の作業等 10月上旬刈り取り予定。


産地情報 (7月3週)

JA名:JA あしきた(投稿:250718)

報告者名:桑村 安則

1.JA管内の稲の育成状況等

田植え段階において、一部で水不足が懸念されたが順調に作業は進行された。山間地においていもち病の発生がみられたものの、7月初旬より梅雨明けとなり、分けつ数も順調に確保されました。

2.定点圃場

項目 内容
作付地域 葦北郡芦北町大野
作付品種 ヒノヒカリ
調査日 7月18日
現在の生育ステージ 分けつ最盛期
水稲の生育状況等

順調。

今後の作業等 中干し。